20180701_編集後記_ラーメン_勝鬨屋

バイクと車談義に横浜家系ラーメンと特製丼を食す


バイク好き、車好きや業界の著名人もあそこは美味しいと通う横浜市中区長者町の「横浜家系ラーメン勝鬨屋」。
D1GPスーパーGT全日本ロードレース選手権で活躍中の某有名選手も時々顔を出すとか出さないとか。
またバリドリ天国StreetPerformerNightVisionのイベント等へもよく出張店舗を出されており、そこでも多くの方々がその味に舌鼓を打っている。

果たしてどんな美味いラーメンを出してくれるのか?
自慢のラーメンと丼を食しに、めいいっぱいお腹を空かせて勝鬨家へやってきました。
あっ、お店の詳細については食べログなどを参考にしてもらうとして、ここでは私の純粋な感想のみに留めさせてもらいます。

20180701_編集後記_ラーメン_勝鬨屋_01

なかなかこってりとボリューム感あふれるラーメン。
見るからに涎が出ます。
トッピング満載の勝鬨家ラーメンもありますが、今回は丼も控えているため通常のラーメンメニューで。
味の濃さ、面の固さ、油の量、それぞれ3段階のレべルから選ぶ事が出来ますが、この後に丼が控えているので今回は全て普通を選択。
それでも厚いチャーシューと平打ち面はとても食いごたえがあります!
腹空かせてきてよかったァ(笑)
味卵もいい感じの半熟具合で、スープと絡めて食べるとこれがまた絶品で!
ビールが欲しくなりました(笑)

20180701_編集後記_ラーメン_勝鬨屋_02

ある意味、勝鬨家の裏メニュー的な存在で、常連の間で人気沸騰な豚の背脂丼!
今回、特別に無限ニンニクとの二色丼風にアレンジして頂きました!!
もーやばいです。
デブ活宣言です。
食べるたびに二つの旨味が口の中で混然一体となって広がり、どんどんご飯が進みます!
あー持って帰りたい!
普段の白飯のお供にずっと持っておきたい。
そんな美味しさあふれる逸品でした。


横浜家系ラーメン勝鬨屋の店主は大のバイク好き。
だいたい夜間の時間帯に店へ入っており、私が行ったときはちょうどお客さんがはけていたため、お互いの車とバイク趣味や峠でのやんちゃ話、ドリフトイベントでの思い出話に華を咲かせました。
主にCBRでサーキットを楽しんでいるそうです。
膝すりパッドがすぐに無くなってしまうようなライディングらしく、これを聞くだけでも普段のバンク角がだいたい想像つきますね(笑)
ちなみに私も2輪に乗っていた時期があります。
2ストゼロハンのヤマハDTで、野山を転げまわって遊んでいたんですよね(笑)
話を聞いてて、条件が許せばまた2ストに乗りたくなってなってきました。

そんな横浜家系ラーメン勝鬨屋の場所ですが、横浜ブルーラインの伊勢佐木長者町駅から400mほど歩いてすぐ。
近くには首都高神奈川号狩場線も走っているので、車やバイクの方も石川町インターを降りればすぐです。
色々な意味で有名な大黒PAも割と近場なので、ミーティングの合間にふとお腹が減ったら、ツーリングがてら食べにくる事をお勧めします。
駐車場も、付近を検索すればコインパーキングとか結構ありますから。

あっ、もしこの記事や私のSNSの投稿を見て行かれた際は、ぜひ当メディアの名前を言ってほしいです(笑)

【文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。