You are here
Home > SHOP > ユーザーに目を傾けるBLITZ – チューニングカー大試乗会にて

ユーザーに目を傾けるBLITZ – チューニングカー大試乗会にて

20180603_モーターファンフェスタ_ブリッツ_チューニング

BLITZ(ブリッツ)と言えば、老舗チューニングパーツメーカーとして古くからファンの間で親しまれている。
ゼロヨン、最高速、タイムアタック、モータースポーツ、そしてD1GPといったドリフト。
あらゆるカテゴリーで、その名前を見ない日はない。

そんなBLITZ
近年は全国のカー用品店、量販店へ積極的にキャンペーンイベントを展開。
デモカー試乗も行えるようにしたりなど、ユーザーとのゼロ距離なコミュニケーションに力を入れている。

ここ、モーターファンフェスタ会場のBLITZブースでもあらゆるカテゴリーのデモカーを揃え、希望者に積極的に試乗してもらいつつ、熱心にヒアリングしている光景が見てとれた。

”チューニングパーツは体感してこそ本当の価値がわかる。”
”実際に使うのは一般ユーザーである。”

そうした姿勢にシフトし始めたように感じるBLITZ
ブース展示されたチューニングパーツの数々も、その姿勢が感じとれるものばかりだった。

20180603_モーターファンフェスタ_ブリッツ_チューニング_02 20180603_モーターファンフェスタ_ブリッツ_チューニング_01

お馴染み、ボディの歪みを抑制してサスペンション性能を最大限に発揮させようというストラットタワーバー
軽量高剛性はもちろんの事、多くの車種ラインナップを誇っているのは大メーカーならでは。
傷防止の特殊コーティングによるカラーリングもカッコ良く、エンジン内部のドレスアップにも寄与するよう考えられている。
ボンネットを開ける機会の多いオーナーさん同士のミーティングでも、これなら良いだろう。

また最近では、他社でさらに機能性を重視したタワーバーも開発されているが、BLITZとしてはお客に買いやすい価格を維持したいそうで、今のタワーバーを維持するのが価格と性能のバランスを考えてベストなのだという。

20180603_モーターファンフェスタ_ブリッツ_チューニング_03

ただ車高を落としたりバネレートや減衰調整を行うだけでなく、より最適なサスペンションセッティングへの自由度を高めようというパーツも近年増えつつある。

”チューニングパーツは快適性を犠牲にする”

そういったイメージはまだまだ根付いているが、それも、調整幅が限られていたという妥協の上から出ていた。
実際、妥協なく足回りを調整、セッティングされた競技車両はとても快適という。
こういったパーツが普及し、より最適にセッティングされたチューニングカーが出回れば、今まで抱いていたチューニングパーツへのイメージも変わるかもしれない。

BLITZでも、もちろんその対応に抜かりはない。
こちらのミラクルキャンバーアジャスターのように、正面から見たときのタイヤの傾きを表すキャンバー角、それを自在に調整できる製品をラインナップしている。
拘りのユーザーも、これを付ける事で得られる調整幅の広がりには、十分満足いく事だろう。

20180603_モーターファンフェスタ_ブリッツ_チューニング_05 20180603_モーターファンフェスタ_ブリッツ_チューニング_06

大人気のBLITZ車高調キット
編者の周りでも好んで使っている方が多い。
今回展示してあった二つの車高調だが、こちらもより幅広いニーズに応えるべく開発されたものと推察する。
別タンク式で低速域からも十分に減衰効果を発揮させられるもの、伸び側と縮み側が別々調整可のもの等々。
これなら余程の我儘でも、先のミラクルキャンバーアジャスターと組み合わせる事で、十分に満足いく足回りセッティングが出来そうだ。

さらに室内から自動で減衰調整が出来るDSC装着タイプなら、不確定要素の多いストリートや路面状況の突然の変化でも、咄嗟にバランスを合わせる事が可能となる。

20180603_モーターファンフェスタ_ブリッツ_チューニング_04

ブレーキキット
もはや、大パワーや重たい車でも扱いやすく制動が掛けられるのは、どのメーカーでも最低限求められる要素。
後はそのブレーキ性能をいかに持続させるか、ジャダーを抑えつつ鳴きの軽減、そしてキット自体をより軽くできるかにかかってくる。
素材選び、ブレーキキャリパーやローターの構造、品質、そしてデザイン性でメーカー間の差が出てくるように思う。

BLITZではアルミ鍛造製キャリパーを採用、ローターはスリット入りで放熱性を高め、自社製ブレーキパッドと組み合わせる事で不快なジャダーや鳴きを抑え、安定したブレーキ性能を発揮させるとしている。
メーカー製品だけにその品質は安心していいだろう。
そして、ホイールからBLITZ製品を付けている事を示すカラーが見える事で、よりスポーティー感をより高める演出がなされているのもいい。


さて、いくつかBLITZのチューニングパーツを紹介させて頂いたが、これらは料理で言うところの材料。
あなたの好みに合わせて、どのようにでも調整できますという提案を受けているに過ぎない。
あとは我々ユーザー次第となる。
まず愛車の理想像を具体的に固め、ショップさんと連携するなどしながらパーツを吟味し、自分の理想に近づけるよう仕上げていかねばならない。
雑な調理法で料理がまずくなるのと一緒で、ただパーツを組むだけでは性能を発揮できないし、でたらめな調整、組み合わせではノーマルより性能が劣ることにさえなりかねない。

せっかくの良い機会だ。
安くないお金を払うわけだし、愛車をもっと良くするためにはどうすればいいか?
自分の好みは何か?愛車チューニングをするならまずどうしたいか?セッティングとは何か?
今一度考え直してみたらいかがだろう?

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – 問い合わせ先】
BLITZ

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top