20180603_モーターファンフェスタ_ブリッツ_チューニング

BLITZのチューニングパーツ紹介


モーターファンフェスタ2018取材記事。
今回は、デモカー大試乗会も開催されて大変活況だったBLITZ(ブリッツ)ブースをご紹介。
タワーバー、車高調、ブレーキキットなど、総合チューニングパーツメーカーらしい魅力的なラインナップで来場者を出迎えてくれた。

20180603_モーターファンフェスタ_ブリッツ_チューニング_02 20180603_モーターファンフェスタ_ブリッツ_チューニング_01

ボディの歪みを抑制し、サスペンション性能を最大限に発揮させようというストラットタワーバー
軽量高剛性はもちろんの事、多くの車種ラインナップを誇るのは大メーカーならでは。
傷防止の特殊コーティングによるカラーリングもカッコ良く、エンジン内部のドレスアップにも寄与するよう考えられている。

最近、他社でさらに機能性を重視したタワーバーも開発されているが、BLITZとしては買いやすい価格を維持したいため、価格と性能のバランスの良いこのタワーバーを継続していく考えのようだ。

20180603_モーターファンフェスタ_ブリッツ_チューニング_05 20180603_モーターファンフェスタ_ブリッツ_チューニング_0620180603_モーターファンフェスタ_ブリッツ_チューニング_03

大人気のBLITZ車高調キット
DAMPER ZZ-Rと、室内から自動で減衰調整が出来るDSC装着タイプ、キャンバー角が自在に調整できるミラクルキャンバーアジャスターが展示されていた。

20180603_モーターファンフェスタ_ブリッツ_チューニング_04

BLITZブレーキキット
キャリパーはアルミ鍛造製。
スリット入りローターで放熱性を高め、自社製ブレーキパッドと組み合わせる事で不快なジャダーや鳴きを抑え、安定したブレーキ性能を発揮できるようになっている。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【取材協力 – 問い合わせ先】
BLITZ

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。