You are here
Home > EVENT > ランサーエボリューションのサーキット車両 – SUNOCO Presents Attack筑波2018

ランサーエボリューションのサーキット車両 – SUNOCO Presents Attack筑波2018

20180329_Attack筑波_三菱ランサーエボリューション

アマチュアタイムアタッカーの最高峰。
チューニングカー達の極限タイムタック。

冬季のメジャーイベントとしてすっかり定着した感のあるチューニングカータイムアタックイベント”Attack”
オイルメーカー“SUNOCO”の提供で開催された2018年Attack筑波の模様を、様々な視点でピックアップしていく。

今回、ベスト2リッタ―スポーツ4WDの一台である”三菱・ランサーエボリューション”をピックアップ。
足回りや空力を中心に、ベストタイムを目指してどのようなチューニングが成されているか探ってみる。

20180329_Attack筑波_三菱ランサーエボリューション_01

出走前、張り詰めた緊張感の中で出走準備が進められていたこちらのランサーエボリューション。
VivacESCORTがサポートするこの一台は、今回の総合最速タイムゲットの最有力候補。

外観は、ストリートカーというよりスーパーGTを走るGTレーシングカーそのものといった印象。
その身にまとう空力パーツは、チューニングカー最速決定戦WTACでも多くの実績を持つエアロパーツメーカーVOLTEXが担当している。

20180329_Attack筑波_三菱ランサーエボリューション_02

空気の流れを徹底的に考えぬかれたであろう外観。
スーパーGTのGT500車両のように、車体全体でダウンフォースをしっかり効かせていこうという意図が見てとれる。
このウイングを付けたから、このカナードを付けたから、というパーツ単位の発想ではなく、常に車全体を意識してのエアロセッティング。
VOLTEX三重大学との風洞実験の実績もあるため、恐らくこのエアロスタイルも、そこで得られた理論と経験に基づいて設計、製作されたに違いない。

とは言え、車体そのものは市販車と同じボディであり、使用タイヤもレース用スリックではなくSタイヤ。
なんでもかんでも、レーシングカーと同じにするわけにはいかないだろう。
また過大なダウンフォースはボディの破損も招いてしまう。
そのあたりはトライ&エラーの上でギリギリを狙って調整してるだろうが。

20180329_Attack筑波_三菱ランサーエボリューション_0420180329_Attack筑波_三菱ランサーエボリューション_03

その車体を支える足回りを見てみる。
ブレーキは、海外メーカー製の多いAttack車両の中では少数派の国産メーカーエンドレス
車高調のダンパーは、ここからでは細身の印象を受ける。
足回りの動きを適正にするため、車高を落とした際のロールセンター補正もぬかりはない。

リア側にツインスプリングを採用している点が興味深い。
ヘルパーというより、プライマリースプリング、アシストスプリング的な役割だろう。
セッティングが決まれば、どのような路面、速度領域でも安定したトラクションが得られるこの考え方。
このランサーエボリューションでは、コーナー脱出後の加速中のトラクションを重視していたのかもしれない。
フロント側は、ダウンフォースが効いてきたときの車高、ライドハイトを安定させる役割も担っていそうだ。

走りを見ていると、ストリートチューニングカーではなく挙動は完全にレーシングカー。
コーナー進入から脱出までの動きを見てると、オン・ザ・レール感覚で安定したコーナリングを見せてくれた。
結果、ベストタイムは51秒893。
当日の総合トップタイムを得ることとなった。

20180329_Attack筑波_三菱ランサーエボリューション_05

主に、ランサーエボリューションチューニングで勇名を轟かせているアンリミテッドワークス
そこが手掛けるこのランエボ。
ストリートボディに後付けカナード、GTウイング、カーボンボンネットという、チューニングランエボでは見慣れた外観だが、アンリミテッドワークスでセッティングされたエンジン、足回りで、これまでも58秒台とかなり速いタイムを刻んできている。

20180329_Attack筑波_三菱ランサーエボリューション_06

リアのオレンジのフレームが気になる。
サスペンションアームの取り付け位置変更を行い、ロールセンター補正を行っているのか?
もしそうであれば、ダンパーのストロークをフルに生かしたセッティングで、かなりのメカニカルグリップが期待できそう。

バンパーも大胆にカット。
マフラーのエキゾーストレイアウトからも、トランク部も大きく加工されているように見える。
レーシングマシンほどではないが、パラシュート効果はかなり低減されているはず。
見えないところで、車体側はかなり大胆に手が入れられていそうだ。

20180329_Attack筑波_三菱ランサーエボリューション_07

札幌から参戦のこのランサーエボリューション。
車高がかなり低い印象がある。
タイヤもツライチ気味でカッコいいが、足回りのストロークをどう稼いでいるのか興味深いところ。

個性的なフロントスポイラーはバンパー一体型。
ショップオリジナルだろうか?
ワイドフェンダーとも綺麗なラインで連携されている。
フロントのダウンフォースはかなり稼げていそう。

20180329_Attack筑波_三菱ランサーエボリューション_08

リアもワイドフェンダーが装着されており、前後とも圧力抜きダクトを装備。
バンパーはノーマル然とした形状で、全体的にストリートカーテイストになっている。
豪快なフロントに比べれば大人しいイメージだが、もしかしたらFF的な動きで曲げていくセッティングなのかもしれない。
フロントタイヤの酷使具合が気になるところ。

今回の筑波は初走行で1分1秒でかなりの速さを見せていたが、まだまだ伸びしろはありそうだ。

※当日の写真を当メディアSNSに不定期ながらアップしているので、そちらもぜひチェックして頂きたい。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – 問い合わせ先】
Attack

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top