You are here
Home > EVENT > ロードスターのサーキット車両 – SUNOCO Presents Attack筑波2018

ロードスターのサーキット車両 – SUNOCO Presents Attack筑波2018

20180321_Attack_筑波_マツダ_ロードスター

アマチュアタイムアタッカーの最高峰。
チューニングカー達の極限タイムタック。

冬季のメジャーイベントとしてすっかり定着した感のあるチューニングカータイムアタックイベント”Attack”
オイルメーカー“SUNOCO”の提供で開催された2018年Attack筑波の模様を、様々な視点でピックアップしていく。

今回、ライトウェイトFR車として世代を超えて愛されているオープンカー”マツダ・ロードスター”をピックアップ。
足回りや空力を中心に、ベストタイムを目指してどのようなチューニングが成されているか探ってみる。

20180321_Attack_筑波_マツダ_ロードスター_1320180321_Attack_筑波_マツダ_ロードスター_01

※PCからご覧の方は、画像中央のバーをマウスで動かしてみて下さい。
※スマホでご覧の方は、画像中央のバーを指で動かしてみて下さい。

大型のGTウイングと、それと合わせこんだかのようなアンダーパネルとディフューザ―。
フロントよりリアのダウンフォースを重視してる印象を感じる。
前回記事にしたFFシビックとは対照的だ。

最近トレンドのフェンダーカットは行わず、リアバンパーに設けたダクト、バンパー下部から、流れが淀みがちな空気を逃がしてパラシュート効果を低減。
その逃がした空気の流れも、車体下面の気流コントロールに積極的に利用しているようだ。

オーバーステア特性と言われているマツダ・ロードスター。
もしそうなら、リアのトラクションをあげる意味でもこのエアロチューニングは納得。
ただ、こと筑波サーキットに限っていえば、ゼロヨンみたいに加速が良く、すぐに空力が効く速度域までペースをあげる必要がある。
エンジンのレスポンスやギア比、メカニカルグリップとも上手くバランスさせていかなければならないだろう。

20180321_Attack_筑波_マツダ_ロードスター_0220180321_Attack_筑波_マツダ_ロードスター_11

※PCからご覧の方は、画像中央のバーをマウスで動かしてみて下さい。
※スマホでご覧の方は、画像中央のバーを指で動かしてみて下さい。

こちらはフロントのダウンフォース増加も考えた仕様か?

大胆に露出したリアタイヤ。
リアバンパーをカットしてディフューザ―を組み込まれている。
パラシュート効果の大幅低減とともに、車体下面の気流の流れもより最適化されているようだ。
リアのダウンフォースはかなり高そう。
恐らくフロントのダウンフォース増加も、リアとバランスさせるためにセッティングされたのかもしれない。

20180321_Attack_筑波_マツダ_ロードスター_0320180321_Attack_筑波_マツダ_ロードスター_14

※PCからご覧の方は、画像中央のバーをマウスで動かしてみて下さい。
※スマホでご覧の方は、画像中央のバーを指で動かしてみて下さい。

先の2台とは対照的に、リアはバンパーカットとGTウイングのみ。
車体下面ではなく、上面を流れる気流を、後端まで綺麗に流していこうというコンセプトか?
フェンダー内への気流の流れも抑制されていそうだ。

フロントのダウンフォースは高そう。
リアのパラシュート効果は低減されてそうだが、車体下面の気流の流れがちょっと乱れやすいか?
ただ、車体下面の気流の流速が低ければそれ程問題はならないだろう。
もしかしたら、見えないところで下面の気流を上手くコントロールしているのかもしれない。
課題になるとしたら、より速度が上がってきたときか?

20180321_Attack_筑波_マツダ_ロードスター_0420180321_Attack_筑波_マツダ_ロードスター_18

※PCからご覧の方は、画像中央のバーをマウスで動かしてみて下さい。
※スマホでご覧の方は、画像中央のバーを指で動かしてみて下さい。

こちらはNA6CE勢では身近な仕様か。
この車のリアバンパーカットとGTウイング、フロントスポイラー仕様は、プライベーターが弄る走行会仕様では、バランスがよく取れているように思う。
やはりこちらも、課題が出てくるのは速度域があがってきてからか?

20180321_Attack_筑波_マツダ_ロードスター_1020180321_Attack_筑波_マツダ_ロードスター_12

※PCからご覧の方は、画像中央のバーをマウスで動かしてみて下さい。
※スマホでご覧の方は、画像中央のバーを指で動かしてみて下さい。

唯一のNCEC型ロードスター。
見た目は一番ストリートに近いが、馬力を上げ他のロードスターとの車重のハンデを低減している様子。
そしてラジアルタイヤ仕様ながら、Sタイヤ勢のロードスターと同等のラップタイムを刻んでいった。

NCEC自体、長くなったロングホイールベースとワイドトレッドから、旧型から比べて安定感が増し、操縦特性もマイルドになったと言われている。
そしてフロアをフラットにするなどして、空力性能も意識した設計がなされているとか。

であれば、へたに大胆な弄り方をせず、ノーマルの空力性能の良さを伸ばし、正常進化させるセッティングがタイムアップに繋がるというところか?

もし1分前後でもこれに準じた仕様が続くなら、空力セッティングの考え方が見直されてくるかもしれない。

20180321_Attack_筑波_マツダ_ロードスター_0720180321_Attack_筑波_マツダ_ロードスター_08

※PCからご覧の方は、画像中央のバーをマウスで動かしてみて下さい。
※スマホでご覧の方は、画像中央のバーを指で動かしてみて下さい。

足回りに目を落としてみる。
こちらはフロントに戸田レーシングのファイテックス、リアはスウィフトでヘルパースプリングを組み合わせている。
リアのグリップバランスに拘るため、セッティングの幅を広げようという狙いか?
前後とも太目のスタビライザーでロール剛性を高めている。

ブレーキは、走行会では珍しいアメリカのウィルウッド
編者も4POT仕様を使ったことはあるが、剛性が高く扱いやすかった事を覚えている。

20180321_Attack_筑波_マツダ_ロードスター_06

スカイラインGT-Rなど、重量級ハイパワースポーツカーで採用される事の多いアルコンのブレーキ。
そしてブレーキ冷却ダクトが目立つ。
気持ち、ブレーキローターも他車より大きい感じがする。
かなりキャパがあり、安定したブレーキ性能が得られてそうだ。

思うに、コーナー進入時により奥まで突っ込めるようにしたいからか?
制動距離を短くし、フロント荷重を思いっきり強く載せていくため?

であれば、この車はトラクション重視で、高速コーナーで安定して踏めるよう、アンダーステア気味にセッティングがなされているかもしれない。

20180321_Attack_筑波_マツダ_ロードスター_05

こちらもブレーキはウィルウッド
ウィルウッドのもう一つの特徴として、軽量なブレーキキャリパーもあげられる。

パワーを大きく上げられない車にとって、車体の軽量化とそれを生かす足回りチューニングでなんとかしていくもの。
その足回りも、バネ下重量を落とせば路面追従性が良くなり、ハンドリングと乗り心地が向上するので拘りたいところである。
そのため、タイヤ・ホイール、ブレーキローター、そしてこのブレーキキャリパーの軽量化は可能な限りやっておきたい。

ウィルウッドが選ばれているのも、こういった点にメリットを感じているのかもしれない。

※当日の写真を当メディアSNSに不定期ながらアップしているので、そちらもぜひチェックして頂きたい。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – 問い合わせ先】
Attack

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top