You are here
Home > REVIEW > 意外と選択肢の多いブレーキ – ウィルウッド ブレーキキット

意外と選択肢の多いブレーキ – ウィルウッド ブレーキキット

ウィルウッド - ブレーキキット - AE111装着 - 1

車の三大要素である”走る”、”曲がる”、”止まる”。こと”止まる”という部分においては、チューニングパーツメーカーやショップオリジナルのものなど、各社様々なブレーキパーツをリリースしている。しかしブレーキ・パッドのラインナップは有っても、チューニングに人気の車種でない限り、ブレーキ・ローターやブレーキキャリパーといったパーツがあまりリリースされない。

とはいえ、根気強く情報を探してみると、意外な車種に、かの有名ブランドのパーツが意外な形でラインナップされている場合もある。

今回紹介する”WILWOOD(ウィルウッド)“もその中の一つだ。

WILLWOODはアメリカの自動車部品メーカー。アメリカン・モータースポーツや北米の自動車アフターマーケット市場にて実績のある人気のメーカーだ。そのメーカーのブレーキ・キットを、三重県にモータースポーツ・チューニングショップである “CAR CARE OFFICE(カーケアオフィス)“が国産車向けに独自にカスタマイズし、販売をしている。

WILLWOODキットの紹介

主なキット内容は、アルミ製の6POT – 4POTキャリパー、ローターは2ピースのスリット入り、高品質のステンメッシュホース。国産のブレーキパッドにも対応しており、エンドレスプロジェクトミューといった選択も可能だ。なかなか贅沢なキット内容と言えるだろう。

6POTキット事例
4POTキット事例

車種ラインナップも興味深い。ヴィッツやスターレット、マーチ、N-ONE、ラパン、プレオといった感じで、チューニングパーツに縁が薄そうな車がいくつか設定されている。もちろん設定にない車種でもワンオフによるマウント制作も可能だ。

車種ラインナップ

ウィルウッド - ブレーキキット - AE111装着 - 2 ウィルウッド - ブレーキキット - AE111装着 - 3

以前、編者はカローラレビン・AE111を所有しており、峠仕様のライトチューニングを施したこの車に、ウィルウッドのブレーキキットを装着していた。ストリートでとても扱いやすく、踏力に合わせたブレーキの効きのコントロールがとても容易だった事を覚えている。

また、峠の下りやサーキットでハードブレーキングを繰り返してもフェードの気配も感じられず、効きも常に安定していてタレる事がほとんどなかった。おかげでブレーキに自信や信用を持てるようになり、サーキット走行会でもガンガン攻めていけた。もちろん大幅なタイムアップに繋がったのは言うまでもない。

【文 – 写真 – インプレッション】
編者(REVOLT-IS)
オールスポーツコミュニティ ※レビン走行写真

【製品問い合わせ】
カーケアオフィス(CAR CARE OFFICE)
ウィルウッドブレーキキット紹介ページ

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top