20180107_日産_フェアレディZ_z32_300zx

Z32チューニング・カスタム – 日産フェアレディZ

平成元年に登場にした日産・フェアレディZ(Z32)
同時期に販売された日産・スカイラインGT-R(BNR32)と共に、当時の日産を代表するスポーツカーとして全世界に名を馳せた。
モータースポーツで勝つために生まれたGT-Rとは違い、ストリートを走るスーパースポーツカーとして見た目も十分に拘ったZ32には多くのストリートカーファンが惹かれ、これまでにも様々なチューニングカー、カスタムカーが誕生してきた。
今回紹介するのは、そんなファンの愛情がたっぷり注がれた一台だ。

20180107_日産_フェアレディZ_z32_300zx_01

ワンオフで仕上げられたというボディ。
大きく張り出したフェンダーと、ちょうどいいツライチ具合でセッティングされた幅広タイヤ。
Z32のデザインイメージは獲物を狙う動物という事だが、こちらはその方向性をより明確にしたように思える。
今にも獲物となるライバル車目掛けて飛び出していきそうだ。

20180107_日産_フェアレディZ_z32_300zx_02

20180107_日産_フェアレディZ_z32_300zx_03

安定した走りを支えるVG30DETTエンジン。
こちらも赤を基調に統一感あるカスタマイズが施されており、見せる要素にも十分に拘っている。
ターボは2機のKKKタービンへ換装。
エンジン本体はオーバーホールとボアアップが施されているが、高出力化に向け鍛造ピストンとH断面コンロッド、270度カムシャフト、調整式カムスプロケが組まれている。
これに合わせ、強化燃料ポンプやレギュレーター、強化インタークーラーやオイルクーラーをセッティング。
高負荷のかかる領域でも、安定したエンジンパフォーマンスを発揮できるようにしている。
また点火系には、Revolfe S.A.ブランドのイグニッションプロジェクツ製パワーイグナイターが見える。
とてもしっかり作りこまれたエンジンのようだ。

以上のような感じで、見た目も走りも十分に拘ったこちらのZ32フェアレディZ。
ある目的に沿いながら、方向性をブラさずじっくり作りこまれたチューニングカー、カスタムカーというのは完成度が高く、誰もが目を見張る独特の存在感と個性を放っている。
このZ32も、そんな一台と言って差し支えはないだろう。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。