You are here
Home > OWNER'S > 赤のパフォーマンス – 日産フェアレディZ

赤のパフォーマンス – 日産フェアレディZ

20180107_日産_フェアレディZ_z32_300zx

日産・フェアレディZ(Z32)

平成元年に登場。
同時期に販売された日産・スカイラインGT-R(BNR32)と共に、当時の日産を代表するスポーツカーとして全世界に名を馳せた。

モータースポーツで勝つために生まれたGT-Rとは違い、ストリートを走るスーパースポーツカーとして見た目も十分に拘ったZ32には多くのストリートカーファンが惹かれ、これまでにも様々なチューニングカー、カスタムカーが誕生してきた。

今回紹介するのは、そんなファンの愛情がたっぷり注がれた一台だ。

20180107_日産_フェアレディZ_z32_300zx_01

大きく張り出したフェンダーとちょうどいいツライチ具合でセッティングされた幅広タイヤ。
Z32のデザインイメージは獲物を狙う動物という事だが、こちらはその方向性をより明確にしたように思える。
今にも獲物となるライバル車目掛けて飛び出していきそうだ。

このボディはワンオフで仕上げられたそうだが、オーナーさんがはっきりしたイメージを持っていて、そのイメージを板金担当がしっかり掴んでやらないとここまで綺麗には仕上がらない。
綿密なコミュニケーションとやり取りがあった事が伺える。

走りの視点で見ても、このボディと車高、アライメントは実によく考えられている。
サスペンションの動きを阻害せず、効果的なトラクションを得られるような足回りのセッティングに、最高速で効いてくるリアバンパーのダクト加工がそのもっともな部分。
バンパー下のアンダーフロアも、なんらかの整流効果がありそうに見える。

些細な事でバランスを崩しやすく危険なクラッシュに繋がりやすい最高速だが、ここまでしっかり作りこんであれば、最高速でもまっすぐ安定して走る事ができそうだ。

20180107_日産_フェアレディZ_z32_300zx_02

20180107_日産_フェアレディZ_z32_300zx_03

安定した走りを支えるVG30DETT
こちらも赤を基調に統一感あるカスタマイズが施されており、見せる要素も十分に拘っている。

一般的に、狭いエンジンルームに押し込まれたV63000ccツインターボなため、昔から整備性が悪く、熱が籠りやすいため、チューニングするとトラブルが起きやすいと言われてきた。
だが基本的な点検、整備をしていればトラブルとはほとんど無縁であり、チューニングも目的に合わせてポイントを抑えて行えば、より最上のパフォーマンスを発揮する事ができる。

こちらのエンジンは2機のKKKタービンへ換装、オーバーホールとボアアップが施されているが、高出力化に向け鍛造ピストンH断面コンロッド270度カムシャフト調整式カムスプロケをチョイスして組まれている。
これに合わせ、強化燃料ポンプレギュレーター強化インタークーラーオイルクーラーをセッティング。
高負荷のかかる領域でも、安定したエンジンパフォーマンスの発揮に貢献している。

また点火系には、編者の愛車でも使っているRevolfe S.A.ブランドのイグニッションプロジェクツパワーイグナイターが見える。
効率の良い点火にする事でシリンダー内部の混合気を無駄なく爆発させ、さらなるトルクアップと乗りやすさ、高燃費が達成できる本システム。
これが採用されてあるところを見るかぎり、点火系も十分に最適化がなされているようだ。

全ての要素において、スキのないチューニングが施されているVG30DETTと言えるだろう。

以上のような感じで、見た目も走りも十分に拘られたこちらのZ32フェアレディZ

ある目的に沿いながら、方向性をブラさずじっくり作りこまれたチューニングカー、カスタムカーというのは完成度が高く、誰もが目を見張る独特の存在感と個性を放っている。
このZ32も、そんな一台と言って差し支えはないだろう。

機会があればぜひ見てもらいたい。
愛車チューニングの参考なるはずだ。

【取材 –文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。
サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。

Top