You are here
Home > EDITOR'S > 2017年最後のご挨拶

2017年最後のご挨拶

20171229_編集後記

2017年もいよいよ終焉間近。
今年最後の投稿となります。

皆さんにとって2017年はどんな年だったでしょう?

私の場合はと言うと、メディアとして大きく広がりが持てる年になったんじゃないかと思っています。

まず東京オートサロンやD1GP、国際大会であるFIAドリフティングカップへのメディア取材が認められるようになった事。
どれも、出版社や大手団体に所属していないと申請受理は厳しいと言われているイベントばかりで、本当に嬉しく思いましたし、身が引き締まる思いも同時に強く感じました。

また、いくつかのメーカー様、オーナーズクラブ様、チーム様からもご指名で取材や撮影のお声もたくさん頂けましたし、その過程で新たな交流も生まれました。
やはりリアルでの取材活動はいいですね。
ネット上にはない、そこにしかない情報を肌身で感じとる事ができるわけですから。
そうした交流の中で感じた事、教えて頂いた情報は、2018年も変わらずお伝えしていけたらなと思っています。

そうそう、これまでは取材活動区域も関東近郊限定だったのに、2017年は名古屋や関西のイベントへも初めて取材で訪れましたね。
地域によっては関東以上の盛り上がりを示している所もあったり、私の知らないような事にもたくさん触れ合えて大変勉強になりました。
たまには遠隔地へ出向くのもいいですね。
とても良い刺激になりました。

さて、REVOLT-ISのメディア活動は、支持、応援して下さる全てのカーオーナー様のおかげで成り立っております。
2017年も、非常に多くのカーオーナー様と楽しい交流ができ、とても楽しかったです。
本当にありがとうございました。

2018年も、カーメディアREVOLT-IS(レヴォルティス)をよろしくお願い致します。

【文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top