20171202_ニスモフェスティバル_日産_ヘリテージ

車レストア、パーツ再生産のニスモヘリテージパーツプログラム

すばらしい好天に恵まれたニスモフェスティバル2017
多くのモータースポーツ車両、チューニングカーやブースが居並ぶ中、ひと際目を引いたのが、今回紹介するレストア、パーツ再生産に向けたサービスである”ニスモヘリテージパーツプログラム”のブースだ。

20171202_ニスモフェスティバル_日産_ヘリテージ_01

ヘリテージとは日本語で遺産受け継いだもの代々継承していくものという意味。
プログラムの詳細については、以下を見て頂きたい。
NISMOヘリテージパーツプログラム

20171202_ニスモフェスティバル_日産_ヘリテージ_02

今回は第1段として BNR32 日産スカイラインGT-Rに絞ったパーツ供給となる。
親会社である日産自動車、関連の部品メーカー、パーツサプライヤーに協力を仰ぎ、既存の生産設備を使ってパーツ生産を行う。

名車R32スカイラインGT-Rとはいえ、生産終了してから既に20年以上経過している。
専用パーツを開発する設備、例えば金型など、とっくの昔に朽ちて廃棄されているものとばかり思っていたが、意外と今でも作れる設備があるようだ。
とはいえ、さすがに今と当時とは状況も環境も違うため、当時と同じ価格での提供。。。というわけにはいかないらしい。

20171202_ニスモフェスティバル_日産_ヘリテージ_03

気になるのがニスモヘリテージパーツプログラムの今後の展開。

一応プログラムでは、BCNR33、BNR34と拡充させていきたい意向のようだが、当然、日産車ファンとして気になるのが、GT-R以外の部品供給だろう。
フェアレディZ、シルビア、180SXなど、他にも日産には数多くの名車があるし、今でも若者を中心に熱狂的な支持を集めている。

それらに対してもやってもらえるのだろうか?
検討されているのか?

結論から言えば、答えはNOだ。
その理由として、ニスモヘリテージパーツプログラムをやれる環境も予算も人員も、非常に限られているからという。

特に世界戦略車であるフェアレディZに限っていえば、対象は世界規模となる。
そこへパーツ供給をやろうとなると、市販車を量産して送り出す規模と予算が必要となる。
現状では採算も全く取れないという。

スカイラインGT-Rをニスモヘリテージパーツプログラムの対象に選択したのもその点にある。

まず日本国内専用車である事。
日本国内だけであれば、なんとかなりそうな目途が立った事。
そして世代を問わず多くのファン、オーナーがいる事。
オリジナルコンディションで長く乗られている方が多い事。
そして要望が一番多かった事。

ちょっと残念な気持ちにもなったが、小規模とはいえ、ヨーロッパや諸外国では当たり前だった事が、日本国内でもようやく始められた事に喜びも感じている。
自動車先進国と言われてきた日本も、文化面でようやくスタートラインにつけたわけだ。
後は長く続けていくだけだが、全ては我々ユーザー次第。
メーカーの心を動かせるよう、常に要望をあげていきたいものだ。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【問い合わせ】
NISMO ヘリテージパーツプログラム

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。