20170803_ユピテル_ドライブレコーダ_dry_mini1

ユピテルのドライブレコーダーDRY-mini1の評価

今回は、最近社会的にも話題のドライブレコーダーの中から、ユピテルDRV-mini1を簡単に使用感などを交えながらレビューしていく。

20170803_ユピテル_ドライブレコーダ_dry_mini1_1

製品はとてもコンパクト。
数値に換算すると 55×45×30といった具合。
記録媒体としてミニSDカードを差し込むようになっている。
フロントウィンドウ側へ機器を取り付けるには法的に許可されたスペース内で行わなければならないため、コンパクトなサイズだととても助かる。

20170803_ユピテル_ドライブレコーダ_dry_mini1_2

今回はバックミラーの横に取り付けてみた。
電源はシガーライターソケットへの接続のみで、エンジンONOFFに連動して起動するようになっている。
ただ、マイカーのFTOではシガーライターソケットへ差し込むとシフトチェンジの邪魔になってしまう。
いずれ配線を上手く取りまわすなどして、邪魔にならない箇所への移設を考えたい。

このドライブレコーダーはいわば映像記録のみに絞った入門編ともいえる製品なので、GPS付加も衝撃で記録開始する機能もない。
手動記録はできるので、これでなんとかカバーするしかない。

撮影素子は130万画素カラーCMOS。
動画は100万画素、静止画でも300万画素となっている。
昼間はともかく、夜間でナンバープレートまでしっかり撮れるのか?
ちょっと懸念を感じるスペックではある。
またフルTFT液晶が採用されている画面だが、写真の通り、ディスプレイの端が結露を起こしたようになっていた。
しばらく様子をみたいが、常時この状態が続くようなら、メーカーへの問い合わせも考えたいと思う。

取り付け後、夕方の首都高と夜のバイパスを走って映像を記録してみた。
こちらにアップしてみたので、まずはご覧頂きたい。

結論から言うと、昼間は問題なし。
夜も、衝突するくらい近くに寄ればナンバープレートの識別は十分に可能。
音声もしっかり拾ってくれる。
残念ながら、アップした映像にはいくつかナンバープレートにモザイクをかけさせてもらった。

さすがに鮮明さでは他機種に劣るが、事故前後の映像を記録するという本来の目的には十分に役立ってくれそうだ。

【文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。