You are here
Home > EVENT > 2017 Rotary Expo【ブース編】

2017 Rotary Expo【ブース編】

20170711_ロータリーエキスポ

2017年もカーミーティングスポットとしてもお馴染みの”ドライブインもちや”で開催されたRotary Expo 2017。ここは出展テナントのブースもなかなか豪華。展示物や目を見張るお得な商品もあれば、今回は各ブースでの抽選クジなども行われたりとかなりの盛り上がりを見せた。

前回の記事に引き続き、そんな各出展テナントの様子を、愛車のRX-8をカスタムして益々愛情を注ぎこんでいる、モデルの桑田彩ちゃんと共にお送りする。

20170711_ロータリーエキスポ_01

NUTECカラーのRX-8が目立っていたこちら。高品質な油脂類をリリースするNUTECと、ロータリーエンジン車専門ショップでありNUTECも取り扱っているREAL-TECHとのコラボレーションブース。長年の実績からくる適切なオイルアドバイスを始め、ロータリーエンジンにマッチした双方共同開発のオイルをリリースしたりと精力的だ。
そして今回のRotary Expo 2017では、REAL-TECH浜口康志さんの手によるロータリーエンジン分解ショーを始め、ローターにシールを組み付ける体験コーナーを設けるなどして、訪れるお客さんを楽しませていた。

20170711_ロータリーエキスポ_08

愛知のロータリーエンジン車専門ショップであるTOTAL7。各地に点在しているであろうRX-7RX-8などのロータリーエンジン車を買い取り、自社技術で修理、整備を行って販売を行っている。そうした過程で得たノウハウはとても貴重な物ばかりで、今回のRotary Expo 2017でも、自慢の製品やグッズの販売を行いつつ、訪れたお客さんの相談にのったり、適切なアドバイスをしてくれていた。

20170711_ロータリーエキスポ_06

こちらは、クムホタイヤカーセキュリティショップゼロの共同ブース。クムホタイヤのグッズや、ゼロで取り扱っているセキュリティ製品ランプ電装系パーツなどが展示販売されていた。
車両盗難の増加や安価なドライブレコーダーの普及と合わせ、色々な意味でカーセキュリティの重要性が増している昨今。Rotary Expo 2017では、カーセキュリティショップゼロ富士宮警察署交通課の方とのトークショーも開催され、車両盗難の実情やセキュリティドライブレコーダーの重要性に関する様々なお話を聞かせてもらった。

富士宮警察に関しては、また別途記事にしてアップさせて頂く。

20170711_ロータリーエキスポ_07

そしてクムホタイヤ装着のマツダ・ロードスターと。海外でも様々なフォーミュラレースGTレースへタイヤを供給しており実績も十分過ぎるタイヤメーカーだ。国内のタイヤメーカーも安穏としていられない。

20170711_ロータリーエキスポ_10

マツダ・モータースポーツの老舗発信メディアであるMZ Racingが今回も出展。今回ようやく間に合ったという、ロータリーエンジン50周年を祝うベルトバックルを発売していた。我こそ真のロータリーエンジン乗りだと思うなら、ぜひともこのバックルでドヤ顔を決めてもらいたいところ(笑)
今回知らずに買い逃してしまった方は、MZ Racing通販サイトをぜひチェックしてもらいたい。

20170711_ロータリーエキスポ_02

ドゥー・エンジニアリング代表の田知本守さんから、販売中のレーシングギアについて説明を受ける”桑田彩”ちゃん。
モータースポーツの底辺まで積極的にサポートするドゥー・エンジニアリングらしく、レーシンググローブHANS等、既に高い実績を持つメーカーの商品を揃えていた。特にHANSについては、安全意識の高いサーキット走行会ユーザーでも使用が広がっていると聞く。

20170711_ロータリーエキスポ_03

せっかくなので、”桑田彩”ちゃんにHANSを試してもらった。シンプルな構造ながら、ヘルメットと連動して取り付ける事でクラッシュから来る高い衝撃から首や頸椎の損傷を防げるこのデバイス。元々はF1で使用が始まったものだが、望めば誰でも手に入るようになったわけだ。良い時代になった事を実感させる。
HANS自体はまだまだ高価だが、一生の半身不随や命を奪われることを考えたら、HANSへの投資は十分に安い。サーキット走行のヘビーユーザーにとって、検討の余地は十分にあるだろう。

20170711_ロータリーエキスポ_04

その他、ロータリーエンジン専用の点火プラグエンジンオイルも、びっくりするような低価格で販売されていた。こういったイベントに来ていつも言ってる事だが、近年、新品の部品やチューニングパーツが驚くような低価格で売られている事が多い。
もちろん中古品のほうが安いが、ちょっとお金を足すだけで新品が手に入るなら、ぜひとも新品にすべきだろう。こういったショップブースの出展内容は当日に行かないとわからない事が多いので、なるべく自動車イベントへ積極的に出向いてみる事をお勧めする。

20170711_ロータリーエキスポ_05

関西のロータリーエンジン車ショップであるカタヤマ レーシングのブース。マツダ・モータースポーツロータリーエンジン車開発を黎明期から支えた元マツダワークスドライバーであり、マツダルマン24時間レース総合優勝の影の立役者と言える故”片山義美”さんの息子である”片山勝美”さんが代表を務めている。

”片山義美”さんは、古くからのRX-7ファン、ロータリーエンジンファンの間では伝説の方。ブース前では、ルマン24時間レース”片山義美”さんが現役のときの写真が飾られており、思わず目を細めたり、写真の前で談笑されている方もちらほら見えた。

そんなロータリーエンジンを知り尽くしたと言える”片山義美”さん。ご自身も開発を手掛けたというコンピュータが販売されていたが、取り付けただけでどのような体感が得られるのか?とても興味を引かれてしまった。

20170711_ロータリーエキスポ_09

ロータリーエンジンの凄さをあらためて体感しようと、展示の1ローターに接続されているエキセントリックシャフトを懸命に回し続ける”桑田彩”ちゃん(笑)
色々見てまわったショップさんでの体験を経て、すっかり興奮冷めやらぬ状態になったようで(笑)
これで、益々愛車のRX-8を溺愛してくれるに違いない。

今回はここまで。次回記事では、ロータリーエンジンに惚れこんだ参加者の愛車を、いくつかピックアップしてお送りしたいと思う。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【モデル】
桑田彩

【取材協力 – 問い合わせ】
Rotary Expo

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。
サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。

Top