20170701_静岡セブンデイ

2017静岡セブンデイ【オーナー編】


前回に引き続き「静岡セブンデイ2017」取材記事。
今回はオーナー編として、RX-8を愛するモデルの”桑田彩”ちゃんと一緒に、会場に集まった様々なRX-7やRX-8等のロータリー車を紹介する。

20170701_静岡セブンデイ_01

桑田彩”ちゃんの顔も綺麗に映り込むほど綺麗なRX-7。
オーナーさんは”純正だからと”謙遜されていたが、ここまで綺麗な状態を維持されているのはさすが。
天気が良ければかなり映えていただろうボディーカラーも本来持つ美しさをより引き立たせていた。

20170701_静岡セブンデイ_03

FC3C型の貴重なRX-7カブリオレ。
この他にも同型のRX-7がかなり参加しており、今の時代には珍しいのか注目を浴びていた。
オーナーさんは、なるべく当時の状態を維持しようと日々奮闘されているとか。
こういったFCのオープンカーは、幌といったパーツの供給やボディ剛性の劣化といった面で他のFCより維持が厳しくなりつつあるが、オーナーさんの笑顔から、きっと来年もお目にかかりそうだなと思わせてくれた。

20170701_静岡セブンデイ_11

毎年冬季シーズン、筑波サーキットTC2000で開催されている素人最速戦”ATTACK”で活躍中のRX-7。
エアロメイクやボディ作りを見ても、実戦から基づいたチューニング、カスタマイズが施されている。
ストリート寄りのラジアルタイヤクラスながら既に1分切りを達成。来シーズン、どこまで伸びるか楽しみな一台だ。

20170701_静岡セブンデイ_07

こうしたイベントでも年々勢力を増しつつあるRX-8
海岸よりの駐車場に停めてあったこちらの一台。”桑田彩”ちゃんが指さす先にあったものは…..“鈴木一家”….と書かれた一枚の紙。
ドリフトやドレスアップイベントでこうしたアピールはよく見るが、こちらは….ご家族アピール?やはりチームアピール?とても気になってしまった(笑)

20170701_静岡セブンデイ_02

ノスタルジックな1台のRX-3
去年もお目にかかったが、今年も健在ぶりを発揮してくれて嬉しかった。
ここ数年、若い子の間で旧車人気が高まりつつあり、新しめの車でこうしたカスタマイズもよく見るようになった。

20170701_静岡セブンデイ_05

世界タイムアタック選手権(WTAC)でも高い関心を集める、R-Magicのエアロキット”Armor”を装着するこちらRX-7。
ワイドボディの迫力は群を抜いている。
さらにトレッドの拡大やエアロバランスのセッティングの幅が広がる効果も見逃せない。
それでいてRAYSの赤系ホイールがなかなかマッチングがよく、個性をより引き立てていた。

20170701_静岡セブンデイ_10

レモンイエロー系?のカラーリングが新鮮なRX-8。
R-magicのエアロキットをバランスよくセッティングがなされており、ストリートでもそのスタイルはよく映えていた。
ヨコハマタイヤ推しのハチマキも、愛用タイヤへの長年の愛情を感じさせた。
RX-8のカスタマイズはたくさん見てきたが、R-magic推しは本当に多い印象を持つ。

20170701_静岡セブンデイ_06

2016年末に開催されたお台場超ドリフト天国
そこで見事ゲットしたロータリー番長の証を誇らしげに掲げたRX-7。
長年、オーナーさんが試行錯誤して仕上げてきた一台で、とてもプライベートで仕上げたと思えない美しいスタイル。
とはいえオーナーさんの欲望は止まらない。
さらなる進化を果たそうと、今も虎視眈々とプランを練っているようだ。
いずれスタンスネーションなどで優勝争いに絡んでくるかもしれない。

20170701_静岡セブンデイ_04

群馬の頭文字Dをモチーフにしたカフェ”ディーズガレージ”常連客にはお馴染みのRX-7。
映画”ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT”でハンの愛車としても活躍したこのスタイルは、今でも多くのファンを虜にしている。
装着のエアロキットの開発・販売元は”ヴェルサイド”。
このエアロキットを装着したオーナーさんが近年増えていると聞く。
実車を見てみたい方は、”ディーズカレージ”へぜひ行ってみるといいだろう。

20170701_静岡セブンデイ_08

大粒の雨も降りだした終盤でのご紹介。
RE雨宮元デモカーである”幻気”そのものだが、現在は、今のオーナーさんの手で細部をカスタマイズしながら自分色に染めつつある。
既に完成された元デモカーに手を加えることはなかなか難しいが、今後の展開に注目したい。

20170701_静岡セブンデイ_09

最後にトリを飾るのはこちらのRX-8
実は”桑田彩”ちゃんの愛車であり、この日のために、やはり車好きのお父さんや周囲の方々と協力しながらカスタマイズしてきた。
赤のラインとカーボン風カッティングシート、ボディカラーとのレイアウト、バランスはとてもグッド。
お仕事スキルで磨かれたセンスが生かされているのかもしれない。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS

【モデル】
桑田彩

【取材協力 – 問い合わせ】
静岡セブンデイ

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。