You are here
Home > EVENT > 2017静岡セブンデイ

2017静岡セブンデイ

20170624_静岡セブンデイ

梅雨に入り、熱くなってくるとあの季節がやってくる。そうRX-7の日だ。

誰が言ったかわからないが、7月7日と言えば車好きにはRX-7の日と昔から言われている。毎年この時期が近づくと全国のロータリーファンのテンションが上がり、各地でRx-7や多くのロータリー車の祭典イベントが開かれている。

そんな中の一つ、静岡県有数の観光地の一つである熱海で開催された”静岡セブンデイ2017”の模様を、前回のイベントに続き、車好きモデルの”桑田彩”ちゃんと一緒にお送りする。
”桑田彩”ちゃん自身、ロータリーエンジン車であるマツダ・RX-8のオーナーという事もあり、訪れる車達を見ていつにもましてテンションが高く、とても刺激を受けていたようだ(笑)

20170624_静岡セブンデイ_01

悪天候が心配される中、そんな事はお構いなしとばかり続々と集結するロータリー車の群れ。セブンデイとは言いつつも、もはやRX-7だけでなくロータリー車全てを対象としたイベントとなっている。カラフルかつ、個性豊かなマシンメイクが施されたロータリー車の群れが集まる様は、まさに壮観だ。

20170624_静岡セブンデイ_03

RX-7だけでなく様々なロータリー車が集まるイベントになってきたが、これもロータリーエンジン搭載車は全て仲間として、一緒に応援していこうという主催者の思いが込められている。Rx-7についで市場に多いRX-8も多くの参加があり、RX-3などのノスタルジックカーも健在ぶりを見せつけてくれた。

20170624_静岡セブンデイ_05

カラーリングも様々な車が一堂に会すると、もはや一種のアートと言っても過言ではないだろう。さっそく珍しい車をチェックする方、久々の再会や初めましてな挨拶を交わす光景があちこちで始まっていた。リアルな交流ができるのがこうしたイベントの楽しみの一つ。編者も”桑田彩”ちゃんも多くのオーナーさんとお話をさせてもらい、交流を楽しませて頂いた。

20170624_静岡セブンデイ_06

先にも書いたが、今回はノスタルジックカー勢の参加も目立った。こちらのコスモをはじめ往年のロータリーエンジンの歴史を飾った車達の登場は、年配オーナーからは懐かしい視線を集め、若いオーナーからは、今にはないボディスタイルと珍しいリトラクタブルヘッドライト仕様へ熱い注目を集めていた。
昔、リトラクタブルヘッドライトはスポーツカーにはなくてはならない物だったが、重量増、部品点数の増加、オープン時の空気抵抗の増大といった理由で残念ながら衰退していった。

20170624_静岡セブンデイ_04

今回も行われたドレスアップコンテストでは、自慢の愛車を見てもらおうと勢ぞろいした、より個性的なロータリー車達が鎮座していた。外装を大胆にカスタマイズした車や走りに特化してカスタマイズ、チューニングされた車など、魅せるスポーツカーオーナーにも、走りに拘るスポーツカーオーナーにも十分満足するラインナップだ。
編者も”桑田彩”ちゃんと一緒に、各車をじっくりチェックさせてもらった。またあらためてご紹介ができればと思う。

20170624_静岡セブンデイ_07

ロータリーエンジン生誕50周年を祝う横断幕が誇らしげに貼られている。ロータリーエンジン搭載の生産車が消滅してから5年は経過しているが、こうした熱いファンの支えで50周年を迎えられた事を、今のマツダ経営陣はどう思っているだろうか?今一度この事を強く噛みしめ、今後の展開に強く反映して頂きたいところである。

20170624_静岡セブンデイ_02

マツダ系イベントではお馴染みのMZ RACINGと、サーキット仕様に特化して制作されたRX-7(SA22C)と。
ロータリー50周年を迎えられた背景には、マツダ・モータースポーツを草の根まで発信し続けてきたMZ RACINGのようなメディア団体の存在も見逃せない。地道なメディア活動がファンの心を支え、育てあげてきたことは間違いないだろう。

20170624_静岡セブンデイ_08

会場となった熱海長浜海浜公園では、ご覧のフリーマーケットが定期的に開催されており、合わせて多くの飲食店ブースが軒を連ねているとあってか、こちらでも多くの観光客が訪れていた。露店でしか売っていないような物、珍しい玩具、ここでしか食べられない物が目白押しで、”静岡セブンデイ”の参加者、特に家族連れで来られた方が覗かれている様子も見てとれた。
海岸の砂浜では、フリーマーケットで買ったとおぼしきゲイラカイトをあげる家族連れもいて、観光地ならではの楽しみ方を満喫しているようだった。家族サービスや一泊旅行も兼ねて参加できるのも”静岡セブンデイ”ならではと言えるだろう。

20170624_静岡セブンデイ_09

2016年の参加台数を見越してか、通称”突堤”エリアを第2駐車場として確保していた今回の”静岡セブンデイ”であったが、こちらにもRX-7を始め多くのロータリー車が集結していた。周囲が海に囲まれる絶好の撮影ロケーションではあったが、当日は正午前後から雨が強く降り出すような天候だったのが残念。それでも多くのオーナーさんは、こちらでも旧交を温めあったりカッコいい車の写真を撮ったりと、マイペースに楽しんでいた。

20170624_静岡セブンデイ_12

開会式シーン。メガホンを持っているのは、静岡のチューニングショップ「佐藤商会(RSパンテーラ)」の若大将。実は主催者サイドで急なスタッフの欠員と天候悪化によりドタバタな運営を強いられていたそうだが、こんな天候でも参加してくれたロータリー車オーナーさんのためにもと、当日のスタッフの皆さんはイベント進行に大変奮闘されていた。本当にお疲れ様です。

20170624_静岡セブンデイ_15

ドレスアップコンテスト優勝はこちらのRX-7佐藤商会(RSパンテーラ)で制作された3ロータリーエンジン搭載の完成度の高いストリートマシンだ。東京オートサロンHKSプレミアムデイなどでも展示や走りで魅せてくれた一台なので、ご覧になった方も多いのではないだろうか?詳細は別途、ご紹介したいと思う。

20170624_静岡セブンデイ_10

急に降り出した雨もなんのその、ジャンケン大会では多くのメーカーからの協賛品をゲットできるとあってか、こちらも大変な盛り上がりだった。編者は普段の行いの悪さからか全てジャンケンは外れたものの、相棒の”桑田彩”ちゃんは、順調に景品をゲット。さすがロータリーの女神様である。

20170624_静岡セブンデイ_14

最後に参加の皆さん、スタッフの方々を交えて記念撮影。

ここに集まった方々はロータリー車オーナーのほんの一握りではあるが、こうした人達は、日本のみならず世界各地でロータリーエンジン車復活を待ち望んでおり、それぞれイベントやミーティングを開催してロータリーエンジン熱を盛り上げている。

”ロータリーエンジン車の事を広く伝えよう”
”一緒にロータリーエンジン車を楽しんでいこう”

こうした思いを胸に”静岡セブンデイ”は今年も閉幕。また次回のミーティングで、来年の”静岡セブンデイ”での再会を誓いあいながら家路につく参加者達。

メーカーや社会の思惑はどうあれ、まだまだロータリーエンジンの輪は広がりそうな気配だ。

さて今回はここまで。次回、出展ブースや気になる参加車両をピックアップしてお送りしていく予定だ。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【モデル】
桑田彩

【取材協力 – 問い合わせ】
静岡セブンデイ

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。
サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。

Top