You are here
Home > EVENT > 2017 SR ALL STAR MEETING【オーナー編1】

2017 SR ALL STAR MEETING【オーナー編1】

20170602_srミーティング_桑田彩

2017年の”SR ALL STAR MEETING“。

前回のイベント風景編出展ブース編1出展ブース編2に続き、今更ながら今回からオーナー編をご紹介。

車好きモデル”桑田彩”ちゃんと一緒に、多くのオーナーさんと交流をさせてもらった。
若者の車離れとは言われているが、会場内には若いSR車乗りが本当に多く、まだまだ捨てたもんじゃない事を感じさせた。

20170602_srミーティング_桑田彩_01

20170602_srミーティング_02

以前からTwitterで交流してくれていたyusukeさんと会場で初ミート。なんと四国からの参戦。SNSをフル活用して学び、自分なりの解釈で仕上げたきた話題のS15シルビアとも、ようやくお目にかかる事が出来た。じっくり仕上げてきた赤く美しいローラインフォルムは、会場内でもすぐ視認できる存在感だった。

20170602_srミーティング_桑田彩_03 20170602_srミーティング_04

ご存じロケバニスタイルのS14シルビアだが、某世紀末系アクション映画に出てきそうなRV風のカスタマイズが施されていた。タイヤも、ジープなどが装着している横浜タイヤのジオランダーを見事に履きこなしている。完成度の高い出来栄えだが、それもそのはず、某カスタムカー雑誌で特集もされていたらしい。

20170602_srミーティング_桑田彩_06

ロケバニスタイルのピンクが眩しい180SX。編者も4年前からいくつかのイベントでお目にかかっているが、いつも綺麗なコンディションで維持されていて、何度も見ても飽きがこない。若干車高をあげていたのは、ストリート移動のためか?それでもカッコよさが崩れていないのは、元々の完成度が高いからだろう。

20170602_srミーティング_桑田彩_08

あまり見かけないバンパーを装着していて興味を惹かれたS15シルビア。ツライチ、車高のバランスが良い感じで、ノーマルから綺麗に拡張させたような綺麗なボリューム感を実現させていた。ダクトに設置してあるメッシュの色もボディカラーとよくマッチしていて、フロントフェイスをより引き立てていた。

20170602_srミーティング_桑田彩_07

ガレージマックスタイルの180SX。こちらも各種イベントで見かけている方が多いくらいお馴染みの一台。ある意味ガレージマックのデモカー的役割を果たすほどの完成度を誇り、多くの180SXオーナーから参考にされている程。当日もたくさんのギャラリーが眺めており、車談義に花を咲かせていた。

20170602_srミーティング_桑田彩_10

最近、なにかと縁があるこちらの水色S15シルビアさったんまんさん。水色はよく目立つので、イベント会場などでも見つけやすい。車は全体的に基本を抑えたチューニングがなされている。ストリートをマイペースに楽しむ仕様と言えるだろう。今回は主催サイドで、暑い中頑張ってくれていた。

20170602_srミーティング_桑田彩_05

遠方参戦組の一台、なんと熊本から参戦のりゅーやさんが駆る180SX。特に面識はなかったのだが、ガレージマックのエアロでばっちり決まったスタイルがとてもカッコよく感じたので、色々見させてもらった。なんと当日ぎりぎりまで仕上げてきたらしく、本人のTwitterでもその奮闘具合が見てとれた。

20170602_srミーティング_桑田彩_09

古くから交流させてもらってるやっちさんの180SX。2016年末に全塗装やらカスタムを宣言して以来、当日初めて新仕様の愛車を拝見させてもらった。まさかのパープルカラーとそれに合わせた各部セッティングは、以前の仕様と比べかなりイメージが変わっていた。よりバランスが良く、完成度も高くなったんじゃないかと思う。

SR ALL STAR MEETING“の【オーナー編1】はここまで。【オーナー編2】に続く。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【モデル】
桑田彩

【取材協力 – イベント問い合わせ】
SR ALL STAR MEETING事務局Twitter

編者

REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。
サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。

Top