You are here
Home > EVENT > 2017 SR ALL STAR MEETING【出展ブース編1】

2017 SR ALL STAR MEETING【出展ブース編1】

20170522_SRミーティング_桑田彩_フロントライン

2017年の”SR ALL STAR MEETING“には、数多くの出展ブースが軒を連ねていた。

当日、富士スピードウェイで別の大規模自動車イベントがあったにも関わらずだ。こういった点からも、”SR ALL STAR MEETING”への業界からの高い関心が伺われる。

前回のイベント風景編に続き、今回はいくつかの出展ブースの模様を、車好きモデルの”桑田彩”ちゃんと共にお送りする。

20170522_SRミーティング_桑田彩_フロントライン_01

ホイールの開発から、カスタマイズ、修復、塗装まで請け負う株式会社E・M・Cが送り出すアルミホイールブランドのフロントライン(Front Line)。今回はロケットバニーエアロキットに身を包んだS14シルビアに、自社のFLD-01ホイールを装着して持ち込んできた。深リムのディッシュホイールがよくロケバニスタイルによく映えている。

フロントラインがサポートするカスタムカーイベント”WHEEL IMPACT JAPAN”が9月24日に開催されるとの事で、こちらも要チェックだ。

20170522_SRミーティング_桑田彩_ゼスティノ_02 20170522_SRミーティング_ゼスティノ_03

D1GPD1SLなど、ドリフト系車両への装着が目立つ”ゼスティノ“タイヤ。最近ではグリップでも装着車を増やしてきているとの事。今回、自社トップグレードのタイヤ”Gredge 07RS”を中心に、自慢のタイヤを多数持ち込んでいた。
アジアン系タイヤも日本国内では一般的になってきているが、性能も侮れなくなってきている。こと日本で発売の”ゼスティノ”タイヤは、日本側で企画と設計を担当していると聞く。この事からも、安心感がより増すのではないだろうか?

20170522_srミーティング_桑田彩_ゼスティノ_08

こちらも”ゼスティノ“タイヤブース前。外観はS15シルビアだが、エンジンはなんとトヨタの1JZ-GTEエンジンが載っている。ミーティングの趣旨はあれだが(笑)これも同じシルビア仲間。ドリフトではこういったエンジンスワップの事例が増えている。ステップアップを目指す方からすれば参考になる一台と言えるだろう。

20170522_SRミーティング_桑田彩_ヤシオファクトリー_04 20170522_SRミーティング_桑田彩_ヤシオファクトリー_05

SRエンジンシルビアチューニングの老舗チューニングショップ”ヤシオファクトリー”。タイムアタック等でよく見かけたお馴染みピンクのS15シルビアが鎮座していた。エンジンや車体の作りこみはプロショップならでは。長年のノウハウを生かして熟成されてきた本車両を、ギャラリーは感嘆しながら見つめていた。

20170522_srミーティング_桑田彩_DMAX_06

D1GPでお馴染みのドリフトパーツメーカー”D-MAX”。当日は別イベントへD1GP車両を持っていったためパーツ展示のみというブース内容だったが、延長アームなど、足回りチューニングには欠かせないパーツがずらり並び、ギャラリーの目を引いていた。用途毎に質問をしてみたところ、パーツを交えながら懇切丁寧に説明を頂いた。

20170522_srミーティング_桑田彩_エンケイ_07

ご存じ老舗ホイールメーカーの”エンケイ”。タイムアタックからドリフトまで、数多くのモータースポーツシーンを飾っている事でも知られ、多種多様なユーザーの要望に応えるホイールをラインナップしている。せっかくなので”桑田彩”ちゃん好みのホイールを指さしてもらった。

“SR ALL STAR MEETING”の【出展ブース編1】はここまで。【出展ブース編2】に続く。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【モデル】
桑田彩

【取材協力 – イベント問い合わせ】
SR ALL STAR MEETING事務局Twitter

【本ページ掲載出展社問い合わせ】
フロントライン(FrontLine)
ゼスティノ
ヤシオファクトリー
D-MAX
エンケイ

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top