You are here
Home > SHOP > アビスホイールで決めるワゴンRスティングレー – ファイナルコネクション

アビスホイールで決めるワゴンRスティングレー – ファイナルコネクション

20170504_オートフェスティバル_ファイナルコネクション_ワゴンR

トヨタ86などが目立ったイエローハット美女木店で開催のオートフェスティバル。そんな中で存在感を醸し出して一台がこちら。

20170504_オートフェスティバル_ファイナルコネクション_ワゴンR_01

カスタムパーツメーカー「ファイナルコネクション」デモカーのスズキ・ワゴンRスティングレー。しかも、発売されたばかりの新型だ。2017年は軽自動車カスタマイズにより力をいれていこうというファイナルコネクションだが、発売ホヤホヤの新型を持ち込むあたり、その意気込みを感じられる。

先代モデルに比べ、よりスポーティー感が増した今回のスズキ・ワゴンRスティングレー。それをファイナルコネクションがどう料理するかが大変興味深い。

20170504_オートフェスティバル_ファイナルコネクション_ワゴンR_02

ホイールは、ファイナルコネクションが最近推しているアビス(ABYSS)の16インチモデル。純白のボディにゴールドの星形スポークがとてもよく似合う。チラッと見えるキャリパーも良いアクセントになっている。
ストリートの使い勝手や乗り味の事も考えると、このくらいがちょうど良さそうだ。安っぽさを感じさせないところもまたいい。

ちなみにアビス(ABYSS)ホイールは独自のオーダーシステムにより、ディスクカラーリムインセット、そして豊富なカラーバリエーションの中から好みのサイズ、デザインを指定できる。カスタマイズオーナーの多種多様な要望に応えることができるそうだ。

20170504_オートフェスティバル_ファイナルコネクション_ワゴンR_03

リアから見ても、ホイールとのバランスがちょうどいい事がわかる。これ以上のインチアップや車高ダウンをやるとなると、本来の美しいバランスが崩れてしまいそう。そうなると、ボディ全体にまで手をいれる必要が出てくる。カスタマイズセンスが大きく問われてくる事になりそうだ。

まだまだ開発は始まったばかり。今後、各種パーツ開発もさらに進むに違いない。新型ワゴンRスティングレーがどのようなカスタマイズスタイルで今後展開していくか。興味深く待ちたいと思う。

【文 – 写真】
編者

【お問い合わせ】
ファイナルコネクションTwitter,facebook

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top