You are here
Home > EVENT > 【国際オートアフターマーケット2017】- 世界のターボ、燃料ポンプを相手に(昭和)

【国際オートアフターマーケット2017】- 世界のターボ、燃料ポンプを相手に(昭和)

20170327_オートアフターマーケット_昭和_ターボ

海外の自動車部品流通が目立つようになってきた。

チューニング業界でも海外製のパーツを使った手法がスタンダードになりつつあるが、それと同時に、それらの修理やリビルド品の需要も増してきている様子。
特にメーカー独自の作りがなされているパーツだと、その修理には独特のノウハウ経験が必要となってくるケースも出てくる。

ここで、ターボチャージャー燃料ポンプインジェクターリビルト、修理を専門とする(株)昭和を取り上げたい。

20170327_オートアフターマーケット_昭和_ターボ_01

世界にあるターボチャージャー燃料ポンプインジェクターの修理、リビルドならお任せ下さい!と豪語する(株)昭和。創業は1973年と古く、当時からギャレット社やボッシュ社の正規代理店認定工場として実績を積み重ねておきており、さらに現在までに、ボルグワーナー社、デルファイ社、スタナダイン社、ハネウェルターボテクノロジー社と契約を結んでいる。

海外メーカーとの代理店契約は一般が思っている以上に厳しい。自社ブランドを傷つけず、より高い品質と信頼を強く求めており、それが出来なければ簡単に契約は切られてしまう。

その点(株)昭和は、海外メーカーからの高い要求にも強い企業努力で応えてきており、固い信頼関係を築きあげている事が伺える。

20170327_オートアフターマーケット_昭和_ターボ_02

リビルト品とはあくまで使いこまれた部品を再生したもの。どうしても新品以下のイメージがぬぐい切れないが、(株)昭和では、長年積み重ねてきた高度な再生技術を使い、もはや新品同様に蘇らせている。テスターなど計測機器を使い、新品組み立て時と同様に入念にバランス取り検証を行い、合格した物から順次市場へ送り出しているのだ。

修理自体も単なる部品交換に留まらず、現状品の改修オーバーホールまで行ってくれる。もちろん取り扱っていないメーカーや製品の対応もOKだし、ハイフロー加工などのカスタマイズも対応OKとの事。部品がないものでもまずは問い合わせしてほしいそうだ。

海外メーカーの部品が流通する昨今、海外メーカーへ修理に送り出すだけでも、金額と修理日程がかなりかかってしまう。ここまでやってくれる国内メーカーの存在はとても貴重だろう。

20170327_オートアフターマーケット_昭和_ターボ_03

国内メーカーのIHI三菱日立デンソーも取り扱っている事からも、(株)昭和の守備範囲はとても広い。その培ってきたノウハウからは、設備さえあればオリジナル製品さえも作れてしまうのではないか?そう錯覚してしまいそうになる。

旧車オーナーやチューニングカーオーナーにとっては、ありがたい存在の一つに数えられる(株)昭和
修理困難なターボチャージャー燃料ポンプインジェクターをなんとかしたい、海外メーカー製だが国内で短期間で修理してほしい、などいった要望がある方は、まずは問い合わせてみるといいだろう。

尚、個人の修理依頼やリビルド品購入もOKだが、輸送中に部品が壊れないようしっかり梱包してほしいのと、取り付けをしっかり行ってほしいそうだ。品質の良い部品でも、組み付けやセッティングが悪ければ宝の持ち腐れ。なるべく専門ショップや整備工場を経由しての依頼を推奨するそうだ。

【取材 – 文 – 写真】
編者(REVOLT-IS)

【取材協力 – お問い合わせ】
(株)昭和

編者
REVOLT-IS立ち上げの発起人。サーキット走行会や草レースなど経験が豊富で、スポーツ系チューニングやセッティングに強い関心がある。 サーキットやストリート、ドリフトなどの走りのイベントへ積極的に顔を出しながら、カメラを構えつつ様々な考察をする毎日。
Top